3600円以上お買い上げでメール便送料無料

カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

商品検索

商品一覧ページへ ≫

エルサルバドル・サンタアナ・ラ・パルマ パカマラ
エルサルバドル・サンタアナ・ラ・パルマ パカマライメージ

さて豆匠ではコーヒーは苦みがあってしかるべきという古い(?)価値観のもとに焙煎を行っています。

というのは和田は、「苦味」はコーヒーという飲み物の風味として重要な要素だと考えており、それは酸味が苦手なお客様に向けて深煎り豆こそがコーヒーだと言いたいのではなく「苦味」という要素が全く発生しないくらいの浅い焙煎度合いでは豆によっては酸味が強くなるだけではなく甘味や旨味も感じにくくなる場合があると思っています。

さて今回のエルサルバドルはマメタクが好んで仕入れている、甘味に定評があるパカマラという品種です。
生豆の品質が高く、しかも収穫から日が浅くフレッシュで酸味が比較的強かったため、上記の話をふまえて、ほんのほんの少しだけ苦みが出るくらいの焙煎度合いにしてみました。

焙煎したてはどうしても味が跳ねる(安定しない)ため数日かけて風味の変化をチェックしていきますが先日焙煎したものを週明けて朝食にいただきました。
すると心地よい酸味と強い甘味、追っかけてくるほのかな苦味がコンビニの100円パン(大きいウインナーが乗った)を最高に贅沢なごちそうにしてくれました。
大変バランスが取れたコーヒーに仕上がっていると思います。
ぜひお試しください。

「エルサルバドル・サンタアナ・ラ・パルマ パカマラ」の焙煎度合いはミディアムハイローストです。
下記の表の黄い矢印をご参照ください。

焙煎の深さの目安
コーヒー豆焙煎表
コーヒー 豆の焙煎度合い酸味苦味
ライトローストの豆の画像ライトロースト(浅煎り)極強極弱
ミディアムローストの豆の画像ミディアムロースト(中浅煎り)やや強やや弱
ミディアムハイローストの豆の画像ミディアムハイロースト(中煎り)適度適度
ハイローストの豆の画像ハイロースト(中煎り)適度適度
シティローストの豆の画像シティロースト(中深煎り)やや弱やや強
フルシティローストの豆の画像フルシティロースト(深煎り)極弱強い
フレンチローストの豆の画像フレンチロースト(極深煎り)殆ど無し極強

エルサルバドル・サンタアナ・ラ・パルマ パカマラ:チャート図

エルサルバドル・サンタアナ・ラ・パルマ パカマラ味のチャート図

(当店取り扱い豆の中での比較)

一言メモ
朝食にパンとご一緒に。

ご使用量の目安

200g : コーヒーカップ約16杯分、マグガップで約12杯分

100g : コーヒーカップ約7杯分、マグガップで約5杯分。

コーヒー豆挽き具合の目安
ペーパードリップ用中挽き市販の粉コーヒーくらいの粒の大きさ。
コーヒーメーカー用中挽き市販の粉コーヒーくらいの粒の大きさ。
ペーパードリップ用よりもほんの少しだけ粗い。
サイフォン用細挽き苦味とコクがよく出る。
アイスコーヒー用細挽き苦味とコクがよく出る。サイフォン用と同じ挽き具合。
エスプレッソ用極細挽き苦味が強くでるのでエスプレッソに。
ネルドリップ用粗挽きコーヒープレス、パーコレーター用にも。
豆のままミルをお持ちの方はぜひ豆のままで!

コーヒー豆の鮮度を保つため、
当店のレギュラーコーヒーはご注文数量にかかわらず
100グラムずつの小分け包装でお届けしております。

商品名 エルサルバドル・サンタアナ・ラ・パルマ パカマラ
販売価格

850円(税込)

購入数
00g
豆の挽き具合
楽天ペイ
  


この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
新着商品
12月の売れ筋上位5種

650円(税込)

Copyright ©2010 豆匠 All Rights Reserved.