サイトリニューアルイベントのお知らせ

3600円以上お買い上げでメール便送料無料

カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

商品検索

商品一覧ページへ ≫

焙煎度合いで選ぶ

焙煎度合いの違いによるコーヒー豆の選び方

コーヒーの酸味や苦味などは、豆の種類にもよりますが、焙煎度合いによる影響が非常に大きく、同じ豆でも焼き具合によって全く別の風味のコーヒーに仕上がります。
こちらでは、お好みの酸味と苦味のバランスから 当店取り扱いのコーヒー豆を気軽にお選びいただけます。

豆匠コーヒー豆焙煎度合い説明表
ライトロースト(浅煎り)酸味:やや強苦味:やや弱
お取り扱いはございません
スペシャルティコーヒー生豆がもともと持つ特徴である、果実の爽やかな酸味を活かしています。
当店では取り扱いはございません。
ミディアムロースト(中浅煎り)酸味:極強苦味:極弱
生豆の特徴を活かしつつもライトローストよりも酸味が穏やかになり、シフォンケーキやサンドイッチなど味が軽い目の食事に大変よく合います。
ミディアムハイロースト(中煎り)酸味:適度苦味:適度
当店のメイン「豆匠ブレンド」がこちらの焙煎度合いです。柔らかな酸味にほんのりかすかな苦味が追加され、毎日の朝食にぴったりのまろやかな風味に仕上がります。
ハイロースト(中煎り)酸味:適度苦味:適度
もともとの生豆が持つ酸味がちょうど消え、苦味が少し出てくる焙煎度合いです。なじみのあるコーヒーとして最もバランスが取れた焙煎度合いであると考えています。
シティロースト(中深煎り)酸味:やや弱苦味:やや強
焙煎の苦味がしっかりと出てくる焙煎度合いです。かすかな酸味と相まって、複雑な風味を楽しめます。
フルシティロースト(深煎り)酸味:極弱苦味:強い
苦味が前面に出て、コーヒーのコクや焙煎の香ばしさを楽しめます。 チーズケーキ、バターケーキ、チョコレートケーキなど、濃い味のスイーツに驚くほどに合います。カフェオレにも最適。
フレンチロースト(極深煎り)酸味:殆ど無し苦味:極強
酸味は全く残っておらず かなり強い苦味があり、ストロングなホットコーヒーや、キレ味のある昔懐かしいアイスコーヒーを作ることができます。
新着商品
売れ筋商品

600円(内税)

Copyright ©2010 豆匠 All Rights Reserved.