サイトリニューアルイベントのお知らせ

3600円以上お買い上げでメール便送料無料

カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

商品検索

商品一覧ページへ ≫

コロンビア・デカフェSP スイスウォーター

『デカフェ』とは

カフェインを含む飲食物からカフェインを取り除いたもの。主にコーヒーを指します。

除去方法には下記の3種類があります。

  1. 有機溶剤を使う(安全面の問題があるため、日本では法令により輸入・販売禁止)
  2. 二酸化炭素を使う(液体二酸化炭素抽出法と超臨界二酸化炭素抽出法がある)
  3. H2Oは常温では水、低温では氷、高温では水蒸気と変わりますが、二酸化炭素も同じく状態の変化が見られます。それを利用しカフェインの抽出・除去を行います。

    ●液体二酸化炭素抽出法
    二酸化炭素を加圧し、液体化させた中に生豆を浸し除去する。
    ●超臨界二酸化炭素抽出法
    二酸化炭素の臨界点は温度31℃、72気圧であり、臨界点を超えると気体と液体、両方の性質を兼ねる超臨界状態になる。これを用いての抽出法。
  4. 水を使う(スイスウォータプロセスとマウンテンウォータープロセスがある)

当店取り扱いのコーヒー豆は「水を使う」方法でカフェインを除去しています。
それぞれのプロセスを簡単に説明すると・・・

●スイスウォータープロセス
生豆を水に通して、コーヒーの成分を水に溶かしだし一旦豆を引き上げる。その水からカフェインだけを取り除く。 カフェインが抜けた水に再び生豆を戻し、コーヒーの旨味成分を吸収させる。カフェイン除去率99.9%。
●マウンテンウォータープロセス
カフェインだけを取り除いた水に、新しい生豆を入れる。この水はコーヒーの旨味成分が飽和状態になっているので、カフェインだけが豆から抜けていく。カフェイン除去率平均97%。

コーヒーは飲みたいけど、カフェインを避けたい時にオススメします。
妊婦さん、授乳中のママ、ご高齢の方、健康を気にされる方にも。
薬品を一切使用していないので、生豆に負担をかけず、素材の風味を保ったデカフェコーヒーです。

コロンビアデカフェイメージ

カフェインレスコーヒーに対する豆匠の考えとして。
こういった「機能性飲み物」(和田が勝手にそう呼んでます)については科学的なアプローチで「カフェインレスの性能」を語るところが多い気がしますが、豆匠ではあまり強く取り上げません。

なぜなら口に入る全ての食べ物や飲み物は、お薬以外は全て美味しいものであるべきだと思うので。ましてやコーヒーは嗜好品です。事情あってカフェインを摂取できないがコーヒーがめちゃくちゃ好きだという方に、めいいっぱい楽しんでいただくためのものという位置づけだからです。
カフェインレスだからこそ美味しくなければいけない。

というわけで、
豆匠では美味しいと思っていただけるカフェインレスをご用意しております。
カフェインさえ入ってなければどんなコーヒーだっていいんでしょ?ではありません。
味わっていただく以上、のどを潤すだけの他の飲みものよりも特に美味しく感じていただきたいんです。

体調や状況によって、本来なら普通のコーヒーを飲みたいが、しかたなく今はカフェインレスを飲んでおられる方にしっかり選んでお飲みいただきたいと考えてます。

豆の外観は少し深煎りのように見えますが、コロンビアらしくやわらかくて甘い仕上がりになるよう、また酸味が勝ちすぎないように火加減をしっかり調整して焙煎してあります。

デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインの違いって?

どれもカフェイン入ってないなら同じでは?と思いますが、ちょっと違うんです。

冒頭でご説明の通り、デカフェはカフェインが含まれている飲食物から、いろんな方法でカフェインを取り除いたものなんです。
じゃ、カフェインレスは?というと、元々カフェイン含有率が少ないものを指します。

ヨーロッパではカフェイン含量が0.1%以下のコーヒー豆のみに「デカフェ」と呼ぶことが許可されます。日本ではまだ、明確な基準は定められていませんが、
「レギュラーコーヒー及びインスタントコーヒーの表示に関する公正競争規約 」によりますと、
カフェインを 90 パーセント以上除去したコーヒーにあっては、「カフェインレスコーヒー」、「デカフェネィテッドコーヒー」等と表示する。
となっています。
なので、デカフェもカフェインレスも、若干カフェインが含まれていることになります。

そしてノンカフェイン。これはもともとカフェインが全く含まれていないものを指します。
例えば、麦茶、はと麦茶、ハーブティー、ルイボスティー、たんぽぽコーヒーなどですね。

まとめとして・・・
デカフェ、カフェインレス=カフェインが若干含まれる
ノンカフェイン=カフェインを全く含まない
デカフェ、カフェインレスを選ぶときは、表示されているカフェイン除去率を確認して下さいね!

「コロンビア・デカフェSP スイスウォーター」の焙煎度合いはミディアムローストです。
下記の表の黄い矢印をご参照ください。

焙煎の深さの目安
コーヒー豆焙煎表
コーヒー 豆の焙煎度合い酸味苦味
ライトローストの豆の画像ライトロースト(浅煎り)極強極弱
ミディアムローストの豆の画像ミディアムロースト(中浅煎り)やや強やや弱
ミディアムハイローストの豆の画像ミディアムハイロースト(中煎り)適度適度
ハイローストの豆の画像ハイロースト(中煎り)適度適度
シティローストの豆の画像シティロースト(中深煎り)やや弱やや強
フルシティローストの豆の画像フルシティロースト(深煎り)極弱強い
フレンチローストの豆の画像フレンチロースト(極深煎り)殆ど無し極強

コロンビア・デカフェSP スイスウォーター:チャート図

コロンビア・デカフェSP スイスウォーター味のチャート図

(当店取り扱い豆の中での比較)

一言メモ
バランス良く仕上がっていて、飲みやすい。

ご使用量の目安

200g : コーヒーカップ約16杯分、マグガップで約12杯分

100g : コーヒーカップ約7杯分、マグガップで約5杯分。

コーヒー豆挽き具合の目安
ペーパードリップ用中挽き市販の粉コーヒーくらいの粒の大きさ。
コーヒーメーカー用中挽き市販の粉コーヒーくらいの粒の大きさ。
ペーパードリップ用よりもほんの少しだけ粗い。
サイフォン用細挽き苦味とコクがよく出る。
アイスコーヒー用細挽き苦味とコクがよく出る。サイフォン用と同じ挽き具合。
エスプレッソ用極細挽き苦味が強くでるのでエスプレッソに。
ネルドリップ用粗挽きコーヒープレス、パーコレーター用にも。
豆のままミルをお持ちの方はぜひ豆のままで!

コーヒー豆の鮮度を保つため、
当店のレギュラーコーヒーはご注文数量にかかわらず
100グラムずつの小分け包装でお届けしております。

商品名 コロンビア・デカフェSP スイスウォーター
販売価格

850円(内税)

購入数
00g
豆の挽き具合
  


この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
新着商品
売れ筋商品

600円(内税)

Copyright ©2010 豆匠 All Rights Reserved.