スペシャルティコーヒーについて

スペシャルティーコーヒーとは?

スペシャルティコーヒーについて

様々な基準や規定をクリアして初めて「スペシャルティ」と名乗ることができるコーヒー。
簡単ではありますがその規定の一部が以下の内容となります。

・栽培するには非常に手間のかかる品種であるティピカ・ブルボンなど伝統在来品種を中心としたアラビカ種の品種が特定できること
・土壌、品種、栽培方法、精製などのプロセスも含んだ、農園や栽培地区が特定できるもの
・摘み採り時の完熟度、選別、乾燥方法、欠点豆の除去など栽培、精製の過程に手抜きが無いこと
・味(カッピング)の評価を受ける(コーヒーとして飲める状態にした時、産地特有の個性ある風味が現われており、飲んでそれを感じられるもの)


和田が考えるスペシャルティコーヒーとは

いろんな意味で
「荒波を乗り越えてきたコーヒー達」
いわゆる玄人さんですね。

実際にそのスぺシャルティコーヒーの風味を一言で言いますと
コーヒーとして味が濃く深い

濃いというと深煎りで苦くて濃いストロングコーヒーを思い浮かべてしまうのですが
そうじゃなくて浅煎りで口当たりが軽いコーヒーでもしっかりとした味の主張があったりするのです。

また例えば
浅煎りコーヒーは全体的に酸味が感じられることが多いですが、生豆がモトモト持ち合わせているその酸味があまりに爽やかで、酸味が苦手な人でもいっそ楽しめてしまうくらい素敵な風味が感じられてしまうのです。


スペシャルティコーヒーを身近な食べ物で例えると

・味噌汁で言うと
しっかりダシが効いていて味噌の量も絶妙でしかもダシと味噌のバランスもバッチリ。

・肉で言うと
霜降りでサシがしっかり入ってるんだけども脂っぽすぎなくて、焼いたときに塩コショウだけでもしっかり肉の味がする。

・ジュースで言うと
果物搾りたてのフレッシュな風味と濃縮還元150%の濃さを併せ持つ感じ。


とにかく

スペシャルティコーヒーについて

舌に感じられる「コーヒーの風味」自体が強く、また濃いのが特長です。
産地別、農園別に飲み比べてみても特徴がわかりやすいですね。

で、実際
普段食べ物の味にはあまりうるさくない人でも「ああ、これはちゃんと美味しいコーヒーやね」 と「しっかり評価」できてしまうコーヒーなんです。


最後に

スペシャルティコーヒーについて

コーヒーはどこのどの豆を飲んでも同じと言われることはまだまだ少なくありません。

スペシャルティコーヒーとは何ぞや?

スぺシャルティコーヒーにはこんな良さがあるんやで!


これからもそんな角度からスペシャルティコーヒーの美味しさを広めたいと思ってます。